受診予約・お問い合わせ
0463-91-4334

医院紹介
当院について

すべての脊髄損傷の犬・猫が、自力歩行できる日を目指して

愛甲石田動物病院では、1990年の開院以来一貫して、犬猫の一般診療および脳神経外科、整形外科の治療に力を入れて参りました。

特に近年は、ダックスフントやフレンチブルドッグ、コーギーなどの飼育頭数増加に伴って、椎間板ヘルニア、変性性脊髄症、脊椎不安定症など、またトイプードル、チワワなどに多く見られる水頭症、キアリ奇形、環軸不安定症などの脊椎脊髄疾患が増えており、当院でも脳神経外科症例だけで年間300頭を超える犬・猫の診察・治療を行っています。

しかし残念ながら、こういった神経疾患の中には、いまだ根治を目的とした治療が確立されていない疾患が少なくありません。

例えば、犬の椎間板ヘルニア神経学的グレード5は、従来の治療には限界があります。外科手術後の歩行回復率は約50%(1999年 Scott、2003年 Olby、2012年 Tamura)であり、半数の犬が歩行不可能な状態を余儀なくされているのが実情です。

「愛犬をなんとかしてもう一度、自分の足で歩かせてあげたい」という飼い主の皆様の願いに応えられないことに、私は臨床獣医師として長年忸怩たる思いを重ねて参りました。

次の世代の臨床獣医師にもこの苦悩を味わわせたくない…、そして何より、車いすや四肢麻痺の犬たちを再び自力歩行させてあげたい…。この想いから、一念発起し、2009年からは病院での臨床治療の傍ら、日本獣医生命科学大学大学院獣医学研究科博士課程に在籍、「犬の脊髄損傷の病態解析および脊髄再生医療」をテーマに研究に取り組むとともに、大阪府の医学研究所北野病院および藍野大学再生医療研究所で客員研究員の職をいただき、人医界の医師や研究者との共同研究も行ってまいりました。

現在、我々の研究における脊髄再生医療を従来の治療に併用することにより犬の胸腰部椎間板ヘルニア神経学的グレード5の治療後の歩行回復率は約90%を達成。

この成果は2011年に日本再生医療学会において口頭発表、また2012年には国際科学誌(Experimental and Clinical Transplantation)にて報告し、獣医界のみならず人医界からも大きな注目を集めました。

この研究報告が基になり2012年よりヒトの脊髄損傷症例において当院の脊髄再生医療が応用されております(医学研究所北野病院)。

医学的・科学的根拠に基づいた再生医療を提供
京都大学再生医科学研究所での研究活動と、臨床治療の並行

当院の非常勤獣医師である、田村勝利は、2013年3月には日本獣医生命科学大学大学院博士課程を修了し、「イヌの脊髄再生の研究」をテーマに博士(獣医学)の学位を取得、2014年3月まで、京都大学再生医科学研究所の博士研究員として研究を続けておりました。

博士研究員として、週のうち3日(月曜日、土曜日、日曜日)は当医院での専門診療(脊椎脊髄外科および整形外科)を担当、残り4日は京都大学で研究活動に専念する日々を送りながら、京都大学医学部名誉教授で藍野大学再生医療研究所所長の井出千束先生、京都大学再生医科学研究所の中村達雄先生に脊髄再生医療の基礎分野におけるご指導と研究のサポートをいただきつつ、犬猫における脊髄損傷の病態解析と脊髄再生の臨床研究に取り組んできました。

前例のない研究ゆえ、試行錯誤の連続でまだまだ課題も多く、ハードな毎日ではありましたが、医学的・科学的根拠に基づいた最先端の再生医療を皆様の愛犬・猫に提供できるよう、そしてすべての脊髄損傷の犬・猫たちが再び自立歩行ができるように脊髄再生療法の確立を目指して、従来の獣医学の不可能を超えるべく、博士研究員の日々で得た経験を糧に、これからも精進を続けてまいります。

飼い主様が決して諦めないでください。

限界と決めつけているのは我々獣医師と飼い主様かも知れません。まずは何で歩けないのか?その理由を明確にするところから始めてみませんか?

愛甲石田動物病院

田村 勝利(非常勤獣医師 / 獣医学博士) 略歴

1986年3月 日本大学農獣医学部獣医学科 卒業
1988年3月 日本大学大学院修士課程 修了
1990年 神奈川県伊勢原市で「愛甲石田動物病院」を開業
1990年~1996年 東海大学医学部 研究生
2005年 麻布大学整形外科専科 研修医(2005年~2007年)
2006年 愛甲石田動物病院にてCT導入
2007年 麻布大学神経科専科 研修医(2007年~2009年)
愛甲石田動物病院にてMRI導入
2009年 日本獣医生命科学大学大学院獣医学研究科博士課程 獣医外科学教室在籍(2009年~2013年)
研究テーマ「犬の脊髄損傷の病態解析および脊髄再生医療」
愛甲石田動物病院研究部門開設 細胞培養施設併設
愛甲石田動物病院研究部門 ケーナインラボと研究業務提携
2010年 医学研究所北野病院(大阪北区扇町)「神経再生カンファレンス」(主宰:井出千束京都大学医学部名誉教授)メンバー(2010年~)
愛甲石田動物病院研究部門 フローサイトメトリー導入
愛甲石田動物病院研究部門 リアルタイムPCR導入
2011年 医学研究所北野病院 客員研究員(2011年~)
藍野大学藍野再生医療研究所 客員研究員(2011年~)
2013年3月 日本獣医生命科学大学大学院 博士課程修了 博士(獣医学)の学位取得
2014年4月~ 倉敷芸術科学大学 生命科学部動物生命科学科 教授