受診予約・お問い合わせ
0463-91-4334

医院紹介
検査機器紹介

医療検査機器

  1. MRI(Magnetic Resonance Imeging)

    MRI(Magnetic Resonance Imeging)装置は放射線を使用せずどうぶつの身体のあらゆる方向の断面画像を得ることができます。

    特に脳・神経疾患の診断や腫瘍疾患・血管分布などのより詳細な情報を得ることが可能です。

  2. CT(Computed Tomography)

    CT(Computed Tomography)は放射線を使用しどうぶつの身体の断面をらせん状にスライス(輪切り)撮影する検査装置です。

    必要に応じてミリ単位で断層写真を撮り3次元加工することで、病変の発見しやすくすることも可能です。

  3. AZE Virtual Place Lexus

    MRIおよびCT検査画像を利用したハイグレードな画像解析ソフトです。従来の検査で発見が困難な病変の早期発見が可能となります。

  4. CR(Computed Radiography)レントゲン検査

    レントゲンの検査画像をデジタルX線画像診断システム装置で読み取ります。

    従来のX線装置と比較して迅速・確実な撮影が可能で、低周波から高周波までの画像成分を理想的にコントロールして診断力に優れた画像を作製します。

  5. デジタル超音波診断装置

    いわゆるエコー検査と呼ばれる検査装置です。超音波を利用して臓器や組織を画像化してどうぶつの身体の異常や病変を発見することが可能な検査装置です。

    心臓超音波検査では形態学的診断と機能的診断により弁膜症・心筋症・心肥大・フィラリア症・心奇形などの診断が可能です。

    腹部超音波検査では腹部臓器の病変や腹水・血腹の診断が可能です。

  6. 内視鏡

    どうぶつの消化管(胃・食道・腸管)に先端にレンズのついた管を入れて観察することで病変の発見・診断や治療につなげるための機器です。

  7. 自動血球分析装置

    血液中に含まれる水分や赤血球などの様々な成分の割合や実数を簡易に測定する機器です。

    微量な血液で検査が可能で、感染・炎症・貧血などの異常を簡易に発見することが可能です。

  8. 血液生化学検査装置

    血液中の血糖値や肝臓・腎臓などの様々な臓器から分泌される酵素、ミネラルバランスを簡易に測定する機器です。

    各種臓器での異常がないかを簡易に判定するために用います。

  9. CRP(C-Reactive Protein)測定装置

    体内に炎症が起こると作られるCRP(C-Reactive Protein)を測定する機器です。

    炎症の有無、急性炎症の強さを診断するのに有効な指標であり当院では動物の感染症・免疫介在性疾患・肝炎・敗血症・悪性腫瘍・脳梗塞・内分泌疾患の診断治療に役立てています。

  10. 血液凝固検査機器

    外傷や手術の際に正常な止血能力があるかを測定する機器です。

    血液凝固系の5つの項目が検査可能で、出血する可能性のある手術前に検査をすることで手術の安全性を高めることができます。

特殊手術器具

  1. 麻酔モニター

    動物の外科手術の多くや一部の検査には全身麻酔が不可欠です。

    当院では麻酔時に心電図・血圧・心拍数・呼吸状態・血中の酸素濃度・麻酔ガス濃度・体温などを麻酔医が監視することで全身麻酔の安全性を高めています。

  2. STPS(Stryker Total Performance System)

    心臓や肺の状態、お腹の中を透過して診断することができます。デジタル画像なので撮影した画像は診察室でみることができます。

  3. USS(Ultrasonic Surgical System)

    USS(Ultrasonic Surgical System)は超音波の振動を利用して組織へアプローチする特殊な機器です。

    椎間板ヘルニアの手術においては、脊髄神経を傷つけることなくアプローチすることでより確実な圧迫物質の除去が可能となります。

リハビリ関連機器

  1. 水中トレッドミル

    歩行困難などうぶつのリハビリのために使用する機器です。

    リハビリの担当看護師がそれぞれのどうぶつの肢の状態に合わせて水位や速度を調節し、最適なリハビリテーションを行います。

  2. パルスジェネレーター

    電極からの電気刺激により筋肉を強制的に収縮させる機器です。

    主に後肢麻痺などで随意運動(自力で動かす)が困難などうぶつのリハビリのために用い、筋肉の維持などに役立ちます。

  3. 赤外線レーザー照射装置

    赤外線レーザーを照射するための機器です。

    疼痛緩和や血行促進を目的とした機器で、術後の管理やリハビリ時に主に活躍しています。特に椎間板ヘルニアなどの整形手術の疼痛緩和はどうぶつの回復に非常に重要です。

特殊検査機器

  1. フローサイトメトリー

    医学分野では移植・腫瘍免疫学・化学療法・遺伝学・再生医学などで用いられる機器です。

    当院では脊髄再生医療に用いる移植細胞の分画の評価や免疫介在性疾患などの診断の補助に役立てています。

  2. リアルタイムPCR

    遺伝子発現解析の他に・SNPsタイピング・遺伝子組み換え食品の検査・ウィルスや病原菌の検出などさまざまな用途に応用されています。

    当院では、臨床獣医学領域においてリアルタイムPCRを用い高度な先端医療を行っております。